出っ歯(上顎前突)とは?

〜ある日の診療室の会話〜

お母さん

検診で「出っ歯だね」と言われました…どんな治療法がありますか?

パパ先生
出っ歯ですか…僕らの世界では「上顎前突」といいます。
今回は出っ歯(上顎前突)について説明します。

出っ歯(上顎前突)とは?

上の顎が下の顎よりも大きく前に出ていることを出っ歯(上顎前突)といいます。

やはり出っ歯(上顎前突)になると歯並びだけでなく、横顔も特徴的になりやすいです。

一般的に美しい横顔の基準として…
Eライン(esthetic line)があります。これは「人の側貌(横顔)で、鼻の先端とアゴの先端を結んだライン」とされ、欧米人は、鼻が高くアゴの先端が前方に出ているので、唇の位置はEラインから数ミリ後方が美しいとされますが、日本人は、そのライン上に上下の唇の先端が来るのが平均的といわれ、そこから出てしまわないほうが美しいとされています。

出っ歯(上顎前突)の方はやはりEライン(esthetic line)より唇が前に出てしまいます。

将来的な面でもみても歯並びだけでなく、顔貌的にも矯正治療が必要となります。

出っ歯(上顎前突)の原因は?

出っ歯(上顎前突)には様々な原因が考えられますが、大きな原因としては3つが考えられます

・遺伝的な傾向
・指しゃぶり・おしゃぶりが原因
・口呼吸

遺伝的な影響

やはり、「受け口(反対咬合)」や「出っ歯(上顎前突)」などの顎の特徴は遺伝します。
お母さん、お父さんがそういう傾向にある方はやはり遺伝しやすいです。

僕らも問診で保護者の矯正の治療経験や実際にお顔を拝見をして判断してます。

出っ歯(上顎前突)で矯正した事があるご家族がいたら先生に伝えてくださいね!

指しゃぶり・おしゃぶりが原因

「指しゃぶりをすると出っ歯になるよ!」とお母さんに怒られた方もいらっしゃるとおもいます。

実際に、指しゃぶり、おしゃぶりは出っ歯(上顎前突)の原因となります。
詳しい内容は下の記事を参考にしてください。

参考にしてください。

口呼吸

「え?口で息すると出っ歯になるんですか?」と驚かれます。

最近のお子さんは本当に口呼吸が多いです。親の遺伝もないし、指しゃぶり、おしゃぶりもないのになんで出っ歯(上顎前突)なんだろう…といわれる方はこれが大きな原因かもしれません。

口呼吸については下の記事を参考にしてください。

出っ歯(上顎前突)の治療開始時期は?

これは本当に難しい質問です。

正直、矯正の先生によって考え方が違うのでいつ??は明確にお話する事ができません。
しかし、1つの基準として2016年に出っ歯(上顎前突)に関する治療のガイドライン「上の前歯が出ているお子さんのための矯正ガイドライン」が出ました。少し内容を紹介します。

これによると…

Q.1 うちの子どもは上の前歯が出ています。 矯正治療を始める時期は、早ければ早いほうが良いのでしょうか?

A.1 早ければ早いほうが良いということはありません。
早期矯正治療の確実な有効性は確認されていません。ただし早期矯正治療が有効な患者さんが 全くいないというわけではありません。また、6歳以下の患者さんについても、確証のある研究 や報告はありません。

Q.2 上の前歯が出ている子どもは、永久歯が生えそろうまでは、 矯正治療を行わないほうが良いということでしょうか?

A.2 行わないことを強く推奨します。
 早期矯正治療は、すべて効果がないということではありません。有効な患者さんもいます。歯科医師は、必要十分な検査をしたうえで、早期矯正治療の有効性が確実であると 診断した場合、早期矯正治療を行うことを患者さんに提案します。 しかし、現状で注意が必要な点として、科学的根拠のない理論により、すべての患者さんに画一的な早期矯正治療を行っている歯科医師が存在することがあげられます。また、なんら検査を行わず、既製品(できあい)の装置を安易に使用する歯科医師も存在します。そのような歯科医師の行っている早期矯正治療は注意が必要です。

日本歯科矯正専門医学会(JSO) 「上の前歯が出ているお子さんのための矯正ガイドライン」

簡単に説明しますと、出っ歯(上顎前突)の治療は早くやってもあまり意味がない、永久歯が全部出てきてから矯正治療したほうがいいですよ!なんて内容です。

なので1つの基準としては、「出っ歯(上顎前突)では永久歯が完全に揃う12歳ぐらいから矯正治療するのが良い」なんて考え方となります。

しかし、先程、説明しましたが、ガイドラインが制定されても、矯正の先生によって出っ歯(上顎前突)の治療時期については考え方がバラバラです…細かい考え方が異なります。

「子供のうちに早期に治療したほうがいい!」という先生や、いや「永久歯になってからやればいい!」という先生も…

僕もこのガイドラインの内容の一部は賛成ができません…なので歯科医院によって、出っ歯(上顎前突)の治療時期は異なり、矯正の歯科医院に何件も相談にいくと大体のお母さんは混乱します…

なので、最終的には保護者が先生から説明をうけて納得できたところで治療をうけることをオススメします。

矯正歯科の選び方については下の記事を参考にしてください。

出っ歯(上顎前突)の治療方法は?

これも、矯正の先生によってやり方・装置が異なります。

一般的に使用する装置について説明します。

ヘッドギア

出っ歯(上顎前突)の改善や奥歯を後ろに引っ張ることを目的とした装置です。就寝時や家にいるときに使用します。上顎の骨の成長を抑制し、上下の顎のバランスをコントロールして治療します。

筋機能矯正装置(オーダーメイド装置)

筋機能矯正装置としては、代表的な装置として、アクチバトール、バイオネーター、ビムラーなどなど沢山あります。装置は異なりますが、効果に大きな変化はありません。

効果として口腔周囲の筋機能を正常に導き、咬み合わせを正常に導いていく治療です。取り外し可能な装置です。装置をやらない子供には効果が低くなってしまうので注意が必要です。

筋機能矯正装(T4K、EFline、プレオルソ)

T4K,EFline、プレオルソなど既製品の筋機能矯正装置です。

個人に合わせた、筋機能矯正装置(オーダーメイド装置)よりお口に入れやすく、装置代が安くなります。
低年齢からやられる矯正として最近増えてきました。

これも、筋機能矯正装置(オーダーメイド装置)と同じで、効果として口腔周囲の筋機能を正常に導き、咬み合わせを正常に導いていく治療です。取り外し可能な装置です。装置をやらない子供には効果が低くなってしまうので注意が必要です。

代表的なシステムであるMRCの動画で説明します。

他にも医院によって様々な装置があります。先生に方でよく説明を聞いてくださいね!

矯正の費用は?

矯正は自費治療扱いになります。
場所によって全く違います、安くて数万円から高いと100万円超える費用が発生します。

地域によっても異なりますが…
・検査
 1〜5万円

・矯正本体の費用
 乳歯列期( 子どもの歯だけ)の料金は50,000 ~ 200,000 円
 混合歯列期( 子どもの歯と大人の歯がまざっている) の料金は、100,000 ~ 600,000 円、
 永久歯列期( 大人の歯に交換後) の料金は、500,000~1,300,000 円

・毎月の定期検診毎にかかる費用
 3000〜5000円

が1つの目安です。これは勝手な僕の中の目安ですので参考程度にしてください。

費用も安すぎるには理由があります。
実は矯正前に準備矯正だったり…再度お金がかかったり…

しっかりと納得できるように説明を受けてくださいね!!

まとめ

矯正治療は医院によって、始める時期も器具も異なります。

歯医者さん選びはとても難しく、自分で信用できる歯医者さんを選ばなければいけません。
良い治療を受けるには良い歯医者さんに出会うことが一番大事です。

当サイトを参考にして、良い歯医者さんに出会えたら幸いです。

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です