子供の歯ブラシの選び方

お母さん
子供の歯ブラシってどんな物がいいんですか?
パパ先生
子供には子供用の歯ブラシがあります。今回は子供の歯ブラシの選び方について説明しますね!

子供の歯ブラシの選び方

子供の歯ブラシを選ぶ時に一番大事なのは

仕上げ磨き用」と「自分磨き用」をしっかりと分けることです!

低年齢の子供は歯ブラシを噛みます…すぐに歯ブラシが開いてしまい駄目になります。毛先が開いた歯ブラシは上手に汚れが落とせません。しっかりと「仕上げ磨き用」と「自分磨き用」を分けてご使用ください。

また、他にも「子供用の歯ブラシ選び」で重要なのは…次の3点になります

子供用の歯ブラシ選びのポイント

・安全性
・年齢によって歯ブラシを変える
・コストパフォーマンス

安全性

歯ブラシは座ってやりましょう

実は低年齢の1人磨きにはこんな危険があります…

東京消防庁の報告では平成24年〜平成28年までの5年間に、5歳以下の乳幼児が「歯みがき中に歯ブラシで受傷した事故」により206人が救急搬送されています。206人の中で、一番多い年齢は1歳で94人、続いて2歳が59人、3歳が25人となっています。死亡事故にもつながるかなり危険な事です。

このような事故が多くなり、最近の歯ブラシは事故防止の為に「曲がる歯ブラシ」転んでも喉の奥まで届かない様な設計をしていたり、様々な工夫をされた歯ブラシが売っています。

参考サイト:https://www.lion-dent.com/dental/products/basic/kodomo_f.htm

動き回ってしまう、0〜5歳児「自分磨き用の歯ブラシ」は注意して選んでください。

自分で歯ブラシをしているときは絶対に口にくわえたまま歩かせない、遊ばせない!を徹底してください。

年齢によって歯ブラシの構造が異なる

子供の歯ブラシは年齢毎に「柄の長さ」、「ブラシの長さ」、「構造」に違いがあります。
上の写真みて頂くと、年齢が大きくなればなるほど、奥歯に届くように「柄の長さ」「ブラシの長さ」が大きくなるのがわかります。

購入時は商品の箱に年齢に目安が書いてあるので参考にしてください。

仕上げ磨きは「仕上げ磨き用」の専用の歯ブラシがあります。ブラシが小さく、柄が長いので仕上げ磨きがとてもやりやすいです。「自分磨き用」とは分けて使ってくださいね。

コストパフォーマンス

子供は歯ブラシを噛みます…すぐに毛先が広がりダメになります。
相場をみると、約150〜200円ぐらいが相場です。1本500円もするような高級歯ブラシも売ってますが、噛みまくり1ヶ月で駄目になったら辛いです…それに高いからといって??です。

小さいうちは自分磨き用は習慣づけるためだけなので、毛先が開いても問題ありません。
しかし、仕上げ磨き用は毛先が開いてしまうと汚れを落とす効果が落ちてしまいます

低年齢で歯ブラシをよく噛んでしまうようならば、仕上げ磨き用は1ヶ月に1度は取り替えて欲しいです。よって、値段は大事ですよね…

いつから歯磨きすればいいの?

自分磨き

歯磨きは3歳のお誕生日をむかえたら、自分で磨く練習を始めさせましょう。
それまで(3歳以下)は歯磨きを慣らす為に、お口の中に自分で歯ブラシを入れる練習をします。

ただ、この年齢は落ち着きがなく、歯ブラシをしながら動き回ります…しっかりと座らせて歯磨きをさせましょう!!また、転んでも喉までいかないような専門の歯ブラシを使用すると安心ですよ。

仕上げ磨き

歯が出たら歯ブラシにて仕上げ磨きが必要です。

ガーゼなどでふくだけでは駄目です。しっかりと歯ブラシを使用してください。

仕上げ磨きはいつまで?

保護者から「いつまで仕上げ磨きをすればいいですか?」と質問されますが…
できる長く(最低6歳)、子供が嫌がって仕上げ磨きをさせてくれなくなるまでしてください」と話しています。

子供は本当に歯を磨きません…保護者からも
「歯ブラシ噛んでるだけ…」
「同じところをずっと磨いてる」
「磨きたといって確認したら、歯ブラシが濡れていない…」

なんてことをよく聞きます。
子供にとって歯を磨くなんて興味がないんです…特に小学生は…

歯磨きが上手に出来るまで、歯医者さんに定期的に通い、根気よく歯磨きの練習をしてください。
大人でも自分で磨けていない人が多いのに子供なんて余計磨けていませんよ!

ではオススメの歯ブラシを紹介しますね!

勝手にランキング 歯ブラシメーカー ベスト3

1位 ライオン EX kodomo

清掃能力:★★★★★
安全性 :★★★★★
コスト :★★★★  (200円〜)
可愛さ :★★★★★  (ディズニーコラボ)
入手  :★★★★  (歯科専売、amazon 楽天などでは購入可能)

歯科専売、多くの歯医者さんで推薦されている歯ブラシです。
「EX kodomo」「EX kodomo F 」「EX kodomo Disney」の3種類から選択できます。
EX kodomo DisneyはEX kodomo のディズニー仕様なので機能などは変わりません。

安全性にも配慮した歯ブラシのラインナップ(EX kodomo F)、小児歯科専門医も満足させる設計の歯ブラシ(EX kodomo/EX kodomo Disney)を揃え、総合的にみて1位です。

どれか迷ったら、このメーカの歯ブラシを選んどけば問題はないと思います。

EX kodomo F

0〜5歳の動き回る低年齢の子供専用!安全性に特化した構造

安全性をしっかり考えた商品です。万が一転んでも、ダメージが軽減されるように設計されています。
歯磨きに動き回ってしまうお子様にオススメです。

年齢に合わせて2タイプがあります。(クリックすると購入できます↓)

0~2才用

3~5才用

年齢に合わせて購入してください。

特徴
  • まがる・おれない「安全ハンドル」
  • 清掃力もしっかり確保
  • しっかり握れる太めのストレートハンドル
  • かわいい動物キャラクター

EX kodomo/EX kodomo Disney 13

歯科医院に置いてある歯ブラシNo1、しっかりと磨ける構造で抜群の安定性

小児歯科専門医も満足できる歯ブラシです。
保護者から「どの歯ブラシがいいですか?」と聞かれたらこの歯ブラシをオススメします。

細かく歯の萌出状況に分かれて歯ブラシのサイズが分かれています。
大体の年齢を書いておくので参考にして購入して下さいね。

次の4種類に分かれて販売しています。(クリックすると購入できます↓)
毛の硬さはSよりもMをオススメします。

EX kodomo/EX kodomo Disney 11 (自分磨き用  8〜12歳)

EX kodomo/EX kodomo Disney 12 (自分磨き用 5〜9歳) 

EX kodomo/EX kodomo Disney 13 (自分磨き用 0〜6歳)

EX kodomo/EX kodomo14 (仕上げ磨き用)

EX kodomo DisneyはEX kodomoのディズニー仕様です。

特徴
  • お子さまの歯列状態に合わせて選べる4つのヘッド。
  • SとMの2種類の毛の硬さ。「S(ソフト)」には、やさしい磨き心地のフラットテーパード毛を採用。Mは普通の系の硬さです。
  • しっかり握れる太めのラウンドハンドル。
  • ハミガキが楽しくなる魅力的なデザイン。

2位 クリニカKid’s ハブラシ

清掃能力:★★★★
安全性 :★★★★★
コスト :★★★ (250円〜)
可愛さ :★★★★★  (ディズニーコラボ)
入手  :★★★★★ (ドラックストアーにて購入可能)

年齢毎に歯ブラシの構造を変えている、使いやすい歯ブラシです。費用は1本250前後です。
全国どこのドラックストアーで買うことが出来ます。

安全性が高く、年齢に合わせて購入することができるので歯ブラシ選びに便利です。

クリニカKid’sハブラシ

特徴
  • 子どもの歯みがき時の「安全性」と「清掃性」を備えた「まがる・おれない 安全ハンドル」
  • ハンドル
    『0~2才用』は自分みがきの習慣づけを考えた超ソフトな弾力のハンドルです。
    『3~5才用』はきちんとみがけるソフトな弾力のハンドルです。
    『6~12才用』は普通の歯ブラシのハンドルです。
    『仕上げ磨き用』は大人がペングリップで持ちやすいハンドル
  • 毛のかたさ
    『0~2才用』はお口にやさしい「やわらかめ
    『3~5才用』はきちんと磨ける「ふつう
    『6~12才用』はきちんと磨ける「ふつう
    『仕上げ磨き用』は子どものお口にやさしい「やわらかめ
  • 人気のディズニーキャラクターを採用

歯ブラシの曲がり方は動画を参考にしてください。

0〜2歳用

3〜5歳用

6〜12歳用

仕上げ磨き用

3位 タフト/マミー(オーラルケアー)

清掃能力:★★★★★
安全性 :★★★
コスト :★★★★★(150円〜)
可愛さ :★★★ 
入手  :★★★★★ (歯科専売、amazon 楽天などでは購入可能)

安心の歯科専売コストパフォーマンスに優れ清掃能力も高いです。
仕上げ磨きのマミー17は僕の歯科医院でも売ってます。

息子の仕上げ磨きもこの歯ブラシを使っています。安いので…
残念な点として、ドラックストアでは購入が出来ない(歯科専売)、自分磨き用(低年齢)の安全面が工夫されていない事です。amazon、楽天などでは購入可能です。そのため、3位です…

タフト17(自分磨き用)※6歳まで

タフト17は、乳歯(6歳まで)の子供専用の歯ブラシです。
子どもの小さな手でも使いやすいよう、握りやすく柄も短い歯ブラシです。

特徴
  • 歯と歯ぐきにやさしい
  • プラークをしっかり掻き出すコシ
  • 刷掃効果を高める毛の密度
  • 小さな手でも握りやすい柄
  • コストパフォーマンスに優れる!! 1本150円前後

<毛の種類>
PS:萌出まもない歯がある子ども 軟らかい
M :噛みグセのある子ども、プラークがネバネバしている子ども 硬い

タフト20 (自分磨き用)※6〜12歳まで

永久歯が生え始める混合歯列期は、形も大きさも異なる歯が乱立します。タフト20は、乳歯と永久歯、どちらにも対応するコンパクトヘッド。口腔内を自由自在に動かせ、すみずみまでスムーズに磨くことができます。

特徴
  • 歯と歯ぐきにやさしい 
  • プラークをしっかり掻き出すコシ 
  • 擦掃効果を高める毛の密度
  • 動きやすい、コンパクトヘッド
  • コストパフォーマンスに優れる!! 1本150円前後

<毛の種類>
PS:萌出まもない歯がある子ども 軟らかい
M :噛みグセのある子ども、プラークがネバネバしている子ども 硬い

マミー17(仕上げ磨き用)

特徴
  • 歯と歯ぐきにやさしい
  • プラークをしっかり掻き出すコシ
  • 刷掃効果を高める毛の密度
  • 大人が持ちやすい長めの柄
  • コストパフォーマンスに優れる!! 1本150円前後

<毛の種類>
S:萌出まもない歯がある子ども 軟らかい
M:プラークがべったりな子ども 硬い

大きな特徴はありませんが、基本に忠実な歯ブラシです。
歯科専売で信用のあるメーカーなのでオススメです。

まとめ

他にも色々なメーカーが様々な歯ブラシを出しています。
長年使ってみて、メーカーから話を伺ってランキングを決めました。

是非、参考にしてください。

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です