ぶつけた前歯の色が黒くなってきた…治療法は?

お母さん
転んでから前歯の色が段々黒くなってしまいました…どうすればいいですか??
パパ先生
歯の神経が死んでしまったかもしれませんね…今回は前歯の変色について説明します。

何故、前歯が黒くなるの?

腕や足なども、転ぶと「内出血」して青いような赤黒いようなアザが出来ますよね??
これは、皮膚に傷はなくても皮下組織や筋肉などがにダメージが及び、微小な血管が破壊されることでアザが生じます。

これと同じで、歯もぶつけると「内出血」が起こります。歯の色が段々と赤黒くなってきたな…という状態は実は歯の中で内出血してる状態なんです。

しかし、皮膚にできる内出血と歯の内出血では大きな違いがあります…

歯の色が黒くなるとどんな問題があるの??

皮膚の場合は内出血しても時間とともに色が引いて目立たなくなります。
しかし、歯の場合は歯の中で多くは色は戻らなく、神経が死んでしまうことが多いです。

上の写真をみて頂くと、歯には「血管・神経」が通っています。転んで歯を強くぶつけることで、「血管・神経」が断裂したり、血流が滞ることで歯の神経・血管が圧迫され歯が死んでしまうことがあります。

他にも様々な理由で歯の神経が死んでしまいますが、歯の色が変わる時は何か問題が起きている!と思ってください。

まず、お母さんに確認して欲しいこと

歯の色が変わってきたな??と思ったら保護者の方は次のことをチェックしてください

1,ぶつけたのはいつですか?
2,歯は揺れていますか?
3,いつから歯の色が変わりましたか??

多くの場合、歯の色の変色は1か月以内が多いです。なので、1か月以内に出来事を思い出してください。子供はよく転ぶのでいつ??は難し事が多いですよね??

また、ん??前歯の色がなんかおかしいと思ったら、是非、歯の裏側を見てください。実は歯の裏側の方がより黒く見えます、表が何となくおかしいな??と思って裏みたら真っ黒!なんてことがありますよ。

治療方法は?

歯が変色してしまった場合、次の治療方法が考えられます。

治療方法

1,経過観察
2,歯の根っこの治療 or 抜歯

1,経過観察

軽いケガなら腕や足もアザが出来ても、そのうち色が消えてなくなりますよね??
歯も同じで、軽い充血程度なら色が消える可能性があります。

では、まず、経過観察を行い歯の色が消えるケースについてみていくと…

変色した歯の約10%の者は経時的に変色が消失していた.変色が消失した者は受傷年齢が1〜2歳の低年齢者で,受傷後2~4週に変色が起こった者のなかに多くみられた。

参考文献:乳歯および幼若永久歯の外傷と歯の変色 向山賢一郎

とあり、低年齢(2歳以下)で前歯の色が1か月以内で変わった場合には消失することがあります。逆に時間がたってから歯の色が変わった場合には予後が悪いことが多いです。

では次に色が黒いまま変化がない場合にはどうなるのでしょうか??

約50%の者は変色が消失はしないものの症状の悪化もみられず,経過観察のまま,なんら問題もなく自然交換に至っている

参考文献:乳歯および幼若永久歯の外傷と歯の変色 向山賢一郎

とあり、約半分は色が黒いままでも問題なく永久歯と交換します。なので、歯科医師の指示にもと、定期的に来院し、レントゲンをとっても膿が出ない、歯が吸収しない場合いは経過観察でOKです。

2,歯の根っこの治療or抜歯

黒くても約50%は問題がないまま永久歯と交換します。逆にとると約50%は悪くなりますので、歯の神経の治療or抜歯が必要となります。

歯の神経の細かい内容については下の記事を参考にしてください↓

乳歯の神経が駄目になった場合で1番心配なのは交換する永久歯になります。
下の図のように、乳歯のすぐ下に永久歯があります。ぶつけた乳歯が死んでしまい、膿が溜まってくると下にある永久歯に影響がでることがあります。永久歯への影響によって以下のように治療方針が異なります。

・永久歯への影響が少ない場合は歯の根っこの治療
・永久歯への影響が大きいと判断された場合には抜歯

かかりつけ医とよく相談して治療方針を決定してください。

まとめ

よく、保護者から

「歯の神経の治療をどうしてもしなくてはいけませんか?」と質問されます。

確かに神経を取る!とおもうと不安になりますよね??

でも、乳歯は使っても数年です。でも永久歯は死ぬまで使う必要があります。
どちらを優先するか明白ですよね??

心配の場合にはよくかかりつけ医と相談してくださいね!!

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です