リンガルアーチとは?

お母さん

子供がむし歯が多くて歯を何本か抜く必要があります…その際には「リンガルアーチ」という装置が必要と言われました。リンガルアーチとは何ですか?

先生

リンガルアーチですね?歯並びが悪くならないように予防するには大事な装置となります。今回はリンガルアーチについて説明します。

リンガルアーチとは?

リンガルアーチとは奥歯に輪っかをつけて、歯が前に出ないようにしたり、歯を動かすために固定源とするための装置です。

言葉だとよくわからいですよね??
是非、動画を見ると理解できると思います、見てください↓

どうですか?奥歯は隙間ができると前によってくる傾向があります。よってそれを防ぐのを防止するのがリンガルアーチと言われる装置になります。

注意点

よく、これは矯正ですか??というご質問を受けます。
装置を工夫することで歯を動かせるようになりますが、歯の隙間を維持する役割として使用する場合は保隙(保定)装置として使用します。

・矯正=歯並びをよくする
・保隙(保定)装置=歯並びが悪くならないように隙間を維持する

リンガルアーチは矯正装置にも保隙(保定)装置にもなります。
むし歯などで歯を失った場合にはこれ以上悪化しないようにするための装置(保隙装置)として使用するので、この装置をつけたからといって歯並びはよくなりません。

舌側につける装置を総称して「リンガルアーチ」とするので、装置をセットするときは担当医の先生にどのような効果があるかしっかりと説明を受けてくださいね。

費用

完全に自費となります。

費用も医院によって異なりますが、平均して3〜5万程度と幅があります。

歯科医院でしっかりと確認してください。

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です