コロナで心配…歯医者さんに行くべき??

〜ある日の電話での問い合わせ〜

お母さん
子供が歯が痛いと言っています、でもコロナが心配で…受診するか迷ってますどうすれば??
パパ先生
今は時期が悪いですよね…痛い…でもコロナも心配…今回は歯医者にいく目安について説明します。

歯医者さんはコロナに感染しやすい!?

アメリカの新聞・ニューヨークタイムズ紙の記事より、歯科医院が新型コロナウィルスの感染リスクが非常に高いという報道がされました…

この情報は何かの科学的に証明されたわけではなく、新聞社で独自に作成したものです。

実際にはどうでしょう??

新型コロナ罹患率
日本人(4/17時点)   0.0068%
歯科関係者(4/17時点) 0.0029%

歯科関係者の新型コロナ感染者数については、報道発表があったもののみで計算しています。実際には国内の新型コロナ感染者8,582人の中に歯科関係者が含まれている可性がありますので、上記数字は正確ではない可能性があります。それでも、極端に歯科医療関係者の感染率が高いということはないのではないか?という推測はできるデータではないでしょうか?

参考サイト:登戸こども&おとな歯科

上記のような統計データーがあります。歯医者だからといって高いわけではありません!

確かに僕ら歯科医師は常に感染のリスクにさらされます。特に子供は風邪を引きやすく、風疹、麻疹、おたふくなど様々な病気をもっている可能性があります。

だから、すべての患者さんは何らかの病気をもっている可能性があると思い治療にあっています。

日頃から徹底した感染対策をおこなっています…
マスク、手指消毒、器具の滅菌などなど…

今に歯医者さんは感染対策は当たり前のこととなっていますよ!

どんな時にいったらいいの??

「痛い!!」

といった「緊急性の高い歯科治療」の時は受診したほうがいいです。

じゃあ、「緊急性の高い歯科治療」とは??と思ってしまいますよね、東京大学保険センターの内容を参考にさせていただきます。

Q1)現状で歯科受診が望ましいのはどんな時ですか?

(A1)歯科治療は一般的に新型コロナウイルス感染リスクが高いため、現状では「緊急性の高くない歯科治療は出来るだけ延期する」こととなっています。しかしながら、「緊急性の高くない歯科治療」を一般の方が判断するのは難しい部分もあるかと思いますので、以下に歯科受診を考慮すべき状況の具体例を列挙します。

(1) 食べたり飲んだりしなくても強い歯の痛みを感じる(自発痛が強い)場合

(2) 歯茎の腫れを伴う歯(あるいは歯の周囲)の痛みを感じ、歯肉をマッサージするように丁寧に歯磨きしても治らない場合

(3) 物にぶつけて歯が折れたり、歯が完全に(あるいは一部)抜けてしまったりした場合

(4) 歯の詰め物(インレー)、被せ物(クラウン)、複数にわたる大きな被せ物(ブリッジ)などが外れて食事ができない、または義歯が壊れて食事ができない場合

(5) インレー、クラウン、ブリッジ等が外れてしまい、尖った(とがった)部分が露出して口の中を傷つけている場合

(6) 矯正用の装置が外れたり壊れたりして口の中を傷つけている場合

(7) 手術や放射線治療の前後で口腔ケアが必要な場合(口腔ケアの必要性に関しては、事前に原疾患担当医からの説明があるはずですので、それに従って下さい)

(8) 口内炎が二週間以上治らない場合あるいは口の中に出来た「できもの」が日に日に大きくなってくる場合

(9) 重症な口腔顎顔面の外傷や大量出血、首の腫れを伴う息苦しさ等、明らかに病院の口腔外科受診が必要な場合

引用)東京大学 保険センター 歯科と新型コロナウイルス感染症

では、緊急性の高くない歯科治療とは何でしょうか???

やはり、歯の掃除などの定期検診はやはり、様子をみながら来院されたほうがいかもしれません。
特に、何か病気をもったお子さんの受診は控えて頂いたほうがいいです。

(Q2)定期的な歯のクリーニングは延期した方が良いですか?

(A2)痛み等の自覚症状がなければ、定期的な歯のクリーニングはコロナウイルスが終息するまでは延期した方が安全だと考えられています。

引用)東京大学 保険センター 歯科と新型コロナウイルス感染症

治療途中、このまま様子をみていいかわからない方もいらっしゃるとおもいます。その際はかかりつけ医に電話で確認して頂いたほうがいいと思います。

こんな状況なので、「様子をみていいのか??」「受診したほうがいいいのか??」電話で教えてくれないような歯医者さんは行くべきではないです。

痛みがあれば当然、眠れず、ストレスも増し、免疫機能が低下します。それこそ、新型コロナウイルスに感染しやすくなりますよ…

どうしても気になる保護者の方へ…

電話で歯科医院に確認してみてください!

「どんな感染対策をされてますか??」

・体温を確認しています
・窓を開けてしっかりと換気しています
・ガウンを着ています

などなど、答えてくれるはずです。
何もしていないような歯医者ならいかないほうがいいかもしれませんね…

僕らも新型コロナウイルスに感染したくはないですから必死に対応しています。
また、万が一患者さんが出たら医院経営には死活問題ですから!

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です